実際のメーター改ざんの手口はこれだ!(1)

56797240.jpg皆様からのお問い合わせが多かったので、実際にメーター改ざんはどのようにして行われるかをご紹介します。


まず、メーターには大きく分けて2種類あります。

昔ながらのアナログのメーターとデジタルメーターです。

最近の車はほとんどデジタルに変わってきてます。

アナログメーターの場合はまずメーターを車から取り外し、分解して、数字を変えてしまいます。
整備士の方なら、たいてい簡単に巻き戻せてしまいます。

デジタルメーターの場合はそうはいきません。
もともとメーターの改ざんをしにくいようにと、このデジタル式に変わってきました。

しかしながら、何のその、今やある機械を使うと簡単に走行距離だけを変更できてしまうのです。


私も実際にその機械を見たことはないのですが、実は私達のような業者宛によくFAX DMが届くんです。

今日はその実物を公開します!(横の写真の拡大写真です)

これです!

その内容は、表向きこそ、デジタルメーターの修理という名目ですが、その意味するところは、メーター改ざんするということなのです。

黒く塗りつぶしてあるところに、連絡先である携帯電話の番号が載っていま。
連絡先は携帯電話のみです。

つまりデジタルだろうと、アナログだろうと結局は改ざんされてしまうということなのです。

人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harunet7/12096314