事故車は何が悪いの?

このブログに初めておいでいただいた方へ
こちらをクリックをお願いします。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

アフィリエイトがすぐできる!無料ホームページ・テンプレート

***********************************

「中古車無料相談」でよく、事故車は何が悪いのですか?と聞かれます。

今日は、事故車は一体何が悪いのか、ということについて、説明いたします。

最初に申し上げておくと、すべての事故車が絶対的に悪いわけではありません。
事故車の中にも、買っていい事故車、悪い事故車とあります。(このあたりの内容は、メルマガや「中古車購入ノウハウ」の中で詳しく説明しています。)

そのことを踏まえ、お読みください。



事故車の悪いところですが、大きく分けて3つあると思います。(細かく言えば、きりがありませんので)


1.後で不具合が出る可能性がある

事故車の場合、直し方しだいでは、走行に異常が出たり、車検が通らなかったりします(こういったケースは少ないとは思いますが)。

私の意見は、やはり大きな事故車は避けたほうが良いと思います。
小さな事故車はお買い得な場合もあります。
(ここでは、大きな事故とはどういった事故か?、ということについては、説明しません)


2.安全性の問題がある

一度直した金属は、最初ほどの強度は出ません。
つまり、メーカーが安全ボディなどと言って強度をうたっていますが、事故をして直した車は、メーカーが言っている強度は出ない可能性があります。


3.下取時の価格が安い

事故車の場合、当然査定価格が下がります。(そのため買う時安いのですが)

このことは、1歩間違えると、せっかく安く買ったのに、数年後、下取り時に安く買いたたかれたので、結局同じこと、となりかねません。


ただし、この3つはあくまで可能性があるということです。
必ずこうなると言うことではありませんので、念のために。


人気blogランキング
メルマガ「中古車に勝つ!」
無料ホームページ・テンプレート





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harunet7/13471306
この記事へのトラックバック
このブログの本題と関係ない事ですが、結構知っていると得すると思いますので、皆さんにご紹介。
事故車かどうかを見分ける方法【ネットde独立起業】at 2005年02月12日 23:26