さびがひどい中古車は「塩害車」かも?

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************


前回のメルマガでご紹介した、

「冠水車のチェックはしていますか?」
 

 皆さんから、いろいろな反響をいただきました。ありがとうございます。

 あのような錆のひどい写真は、結構インパクトがあったようです。

 そこで今回も錆についてお話します。


錆が出るのは何も冠水した車ばかりではありません。

海辺へのドライブや雪道にまかれる融雪剤に含まれる塩、が原因で出ることも多いです。

このように塩の被害で錆が出ている車を、中古車業界では「塩害車」と呼んでいます。

塩害車だから直ちに悪いというわけではありませんが、錆もひどくなるといい影響を与えませんので、やはり選ぶときには注意が必要ですね。

どこに注意するかといいますと、まずはしゃがんで車の下を覗き込んでください。

こんな感じで錆があったりします。
 ↓
塩害車の実例


ひどい車になると、エンジンルームまで錆だらけです。

意外と見落としがちなポイントです。


こんな中古車選びのノウハウが満載


人気blogランキングへ


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/harunet7/16824460