タイヤの製造年月の確認方法

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

タイヤの製造年月の調べ方

最近、会社でヤフオクを使いタイヤを購入しました。

写真が載っていたので溝なんかはおおよそ見当がついたのですが、製造年月が記載されていませんでした。
そこで出品者に質問をしたのですが、わからないとのこと。

そうかぁ〜、一般の方は以外にタイヤの製造年月の調べ方を知らないのだな、ということに気づきました。

そこで今日はその調べ方についてお伝えしますね。

  続きを読む

Posted by harunet7 at Comments(4)TrackBack(0)

「災害車両」について

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

皆さん「災害車両」って言葉を聞いたことはありますか?

一言で災害車両と言っても、その種類はいろいろあるんですよ。
ひょう害車、塩害車、降灰車、鉄粉車・・・など。


中にははじめて聞く言葉もあるのではありませんか?

「災害車両」というのは、このように自然災害や人災によって何らかのダメージを受けた車のことを言います。


そのような災害車両の中で、皆さんが一番良く耳にするのは、「冠水車」ではないでしょうか?
この「冠水車」も災害車両の一つです。

台風などの影響でこの冠水車が大量に発生することもありますので、十分気をつけてください。


それではこの冠水車、一体どうやって見分ければよいのでしょうか?  続きを読む
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

職権打刻って知っていますか?

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************

皆さん、「職権打刻」って言葉、聞いた事ありますか?

おそらく、はじめて耳にするという方も多いのではないでしょうか?


「車台番号」という言葉はどうでしょうか?

これは車検証にも記載されていますので、ご存知の方も多いと思います。

すべての車には、車体のどこかに車台番号という固有の番号が刻印されています。
この番号は、同じ年式、同じ型式の車でも違います。

同じ車台番号の車はありません。


職権打刻とは、何らかの理由でこの車台番号が無い、または読めなくなった場合に、新たに車台番号を打刻することです。


これを一度ご覧下さい。  続きを読む
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

車のエンジンの見方(エンジン内部お見せします)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************


皆さん中古車を選ぶとき、走行距離が少なければいいと思っていませんか?

もちろん基本的にはそうですよね。でもそれだけではダメなんです。

例えば次の2枚の写真を見てください。

  続きを読む
Posted by harunet7 at Comments(4)TrackBack(0)

悪徳業者、騙しの手口

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************

今日は、以前私が聞いた騙しの手口をご紹介します。



Aさんは悪徳モータースに中古車を見に行きました。

そこで、走行距離が少ないわりに、価格がお手ごろな1台を見つけました。

対応してくれたセールスマンも感じがよかったので、そのお店で購入を決めます。

慎重なAさん、注文書の内容をよく確認し、納得してからサインしました。

「う〜ん、なかなかいい買い物ができたな」

Aさん、満足げです。


さて、納車されてから、数ヶ月後、点検を受けるために、近くのディーラーに車を入れます。
すると、担当者から意外な答えが返ってきました。

「Aさん、この車メーターが改ざんされていますよ! ご存知でしたか?」

「えっ!そんな、ばかな! 購入する時、そんな話全く聞いてないですよ」

驚いたAさん、早速、購入した悪徳モータースへ確認しに行きます。

すると、悪徳モータースからは意外な答えが返ってきました。

「Aさん、今さらそんなことおっしゃられても、困りますね。こちらは販売する時に走行距離は不明だと、お伝えしたはずですよ。注文書にもきちんと記載してますし。一度そちらの控えをご確認願えますか」

「そんな、ばかな!注文書にサインする時、そんなこと一言も書いてなかったですよ!」

とあわてて注文書の控えを確認すると、な、な、なんとそこには走行距離不明と記載されているではありませんか」

「???・・・」

一体、Aさんに何が起こったのでしょう?


鬼ブログランキング

  続きを読む
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(2)

中古車を選ぶときに絶対必要なこと

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************

今日はプロトコーポレーションさんが発行している、カーユーザーレポートの最新版が届いていますので、その中から少し・・・。


この「カーユーザーレポート」というのは、自動車を保有している人意識調査のことです。

実は私がメルマガを発行するきっかけとなった一つが、このレポートなのです。

例えばこのレポートの中で、中古車に対するイメージとして、

 「車の信頼性に問題がある」

 「車に詳しくないと買えない」

 「走行距離は信用できないと思う」

と答えた人は、なんと全体の7割前後いらっしゃいます。

しかしながら、別の質問で、車を購入する際に重視した点は、と聞かれると圧倒的に「価格」と答える人が多いのです。


 いかがでしょうか?

 この答え、矛盾していませんか?


一般的に中古車の場合、価格が安い車ほど程度は悪くなります。
 (掘り出し物もあるかもしれませんが、一般的にはこうなります。)

すると皆さん、程度の悪い車から順番に見ていることになります。

これはいけませんよね。

中古車は信頼できないと言いながら、買う時は程度の悪い車から選んでいる。
この買い方では、あなたの中古車選びは成功しません。

何も私は、価格の高い車を買え、といっているのではありません。

程度の良い車を選び、その中で一番安い車を買えば良いのです。

そうです、皆さん、車を選ぶ順番が逆転しているのです。

「それじゃ、程度の良い中古車ってどうやって選ぶんだ?」

そうお聞きになると思いますが、それをこのメルマガの中でお伝えしているのです。

皆さん、どうか私のメルマガで、一緒に勉強しましょうね!

中古車選びのノウハウが満載
  
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

さびがひどい中古車は「塩害車」かも?

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************


前回のメルマガでご紹介した、

「冠水車のチェックはしていますか?」
 

 皆さんから、いろいろな反響をいただきました。ありがとうございます。

 あのような錆のひどい写真は、結構インパクトがあったようです。

 そこで今回も錆についてお話します。


錆が出るのは何も冠水した車ばかりではありません。

海辺へのドライブや雪道にまかれる融雪剤に含まれる塩、が原因で出ることも多いです。

このように塩の被害で錆が出ている車を、中古車業界では「塩害車」と呼んでいます。

塩害車だから直ちに悪いというわけではありませんが、錆もひどくなるといい影響を与えませんので、やはり選ぶときには注意が必要ですね。

どこに注意するかといいますと、まずはしゃがんで車の下を覗き込んでください。

こんな感じで錆があったりします。
 ↓
塩害車の実例


ひどい車になると、エンジンルームまで錆だらけです。

意外と見落としがちなポイントです。


こんな中古車選びのノウハウが満載


人気blogランキングへ  
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

中古車を選ぶときに、はずせないポイント

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************

「最近のメルマガ、内容が非常に濃いですね!」

こんなうれしいメールが来ました。

メルマガを発行している人は、みんなこういったメッセージが欲しいんですよね!本当にうれしいです。

メルマガにも書きましたが、皆さんに伝えたいことは山ほどあるんです。
だから私の知っていることは、どんどん吐き出します。

出し惜しみなんて世界とは無縁です。

例えば中古車オークションへ仕入れに行くと、「あっ、こういった車は騙されやすいな」なんて、新しい気づきがあります。
そんな気づきがどんどんたまっていく感じです。

このように、中古車を見るときの注意点は、いろいろとあるんですが、そんな中でも、絶対押さえておかなければならないポイントがあります。

中古車を選ぶときの肝となる部分です。

これは、例えば家を買いにいった時、設備や立地条件などを比較する前に、欠陥住宅でないということが大前提になると思います。

中古車を購入する時も、このように絶対妥協してはならないポイントがあるのです。

そんなポイントを分かりやすく解説しています。

中古車選びのノウハウが満載

  
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

冠水車のチェックをしていますか?

まずはこのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************

中古車を購入する時のポイントとして、怪しいと感じた車は、購入しない、という考え方が非常に重要です。

当たり前のことなんですが、実際にはできていないケースが多いですよね。

 「ちょっと怪しいけど、まぁいいか。何かあればクレームをつければいいや」

なんて、軽く考えていませんか?。

しかし一度購入してしまいますと、単に怪しいというだけでは、クレームが効かないと思ってください。

確固たる証拠が無いと販売店も真剣には扱ってくれません。

このことは、何もメーター改ざんや事故車に限ったことではありません。

例えばこの写真を見てください。
 ↓

冠水車の疑いのある車

カーペットをめくると、その下は錆びだらけです。このクルマは冠水車の疑いがあります。

しかし疑いがある、というだけではクレームは効きません。

この場合も、冠水以外の可能性も考えられるからです。

ですが、このことが購入前に分かればどうですか?

おそらく購入はしないと思います。

購入前であれば確証も何も必要ありません。
怪しいから買わない、それだけで済んでしまうのです。

怪しい車は、購入前にはじき出す。これが重要です。

そのためにも、中古車のどこを見ればよいのか、そのポイントを勉強してください。


こんなノウハウが満載です  
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(0)

「Uカー購入5つの決まり手」 は本当ですか?

このブログのランキングを確認する。(人気blogランキングへ)

無料メルマガ「中古車に勝つ!」はこちらからどうぞ

これから中古車を購入する人はこちらへ

***********************************


明日発売のカーセンサーに「Uカー購入5つの決まり手」という特集があります。

その特集によります、購入を決めた要因の一つに「内外装の程度が良かったので」というものがありました。

理由として、「内外装がきれいな車は丁寧に乗られている、よってエンジンや電装系などの調子も良い」という考え方のようです。

もちろんそれに当てはまる場合もあるでしょう。

しかしはたしてそうでしょうか?

皆さんが中古車を買いに中古車展示場に行きます。

そこに並べられている車の内外装がきれいなのは、前のオーナーがきれいに乗っていたのではなく、その中古車販売店で一生懸命きれいにしたからなのです。

ある意味、内外装がきれいなのは当たり前なのです。

業者にとって、内外装をきれいにすることは、非常に簡単なことです。

私としては、「内外装のきれいさに、だまされないでほしい」という思いが強いのです。

人気blogランキングへ  
Posted by harunet7 at Comments(0)TrackBack(1)